許容応力、設計 <または> 許容応力、運転 (Allowable Stress, Design <or> Allowable Stress, Operating) - PV Elite - Help

CodeCalc Help (2020)

PPMProductFamily
Analysis
PPMProduct
PV Elite
PPMCategory
Help

運転温度での要素材料の許容応力を入力します。ほとんどの容器の運転温度は内圧の設計金属温度と同じです。ASME 規格 Section II, Part D, Table 1A、1B、3 でこの値を確認することができます。

有効な材料名を Material Input に入力すれば、ソフトウェアはデータベースを検索し、常温の材料の許容応力を決定し、その値をフィールドに設定します。

同様に、ソフトウェアは Material Selection ウィンドウから材料名を選択した場合に許容応力を決定します。