Full Face Gasket Option - PV Elite - Help

CodeCalc Help (2020)

PPMProductFamily
Analysis
PPMProduct
PV Elite
PPMCategory
Help

ASME Sec. VIII Div. 1 では、ガスケットがボルトサークル径を超えるようなフランジの設計を規定していません。このオプションを選択することでこの種のフランジについて Taylor Forge Flange Design Bulletin から一般的な設計方法を使うことができます。

全面座のガスケットは通常ではゴムあるいはエラストマーのような軟質の材料が使われ、ボルト応力はガスケット締め付け時にあまり高くなりません。ソフトウェアはフランジ解析と設計式を調整して全面座ガスケットの影響を考慮します。3つの全面座ガスケットオプションがあります:

  • Program Selects

    入力に応じて全面座ガスケットがどうかを自動的に決定します。ガスケット ID と OD がフランジ ID と OD に一致すれば、ブラインドフランジを除いて全面座とします。下図を参照してください。

  • Full Face Gasket

    全面座ガスケットであれば選択します。このオプションを使ってガスケット ID と OD がフランジ ID/OD 寸法と一致していなくとも、ガスケットはボルトサークル径を超えて設定されます。下図を参照してください:

  • Not a Full Face

全面座ガスケットではない場合に選択します。