Beta: Full - PV Elite - Help

PV Elite Help (2020)

PPMProductFamily
Analysis
PPMProduct
PV Elite
PPMCategory
Help

Beta: Operating - 最初のテキストボックスには、運転ケースに対する渦流の離脱 (Vortex Shedding) の構造減衰係数ベータの値を入力します。これは臨界減衰の比として表されます。デフォルトの値は 0.01 です。この値を使って動的な突風の影響係数 G (gust effect factor) の計算を行います。動的な突風の影響係数Gについては ASCE 7-95, 158ページの Section 6.6、ASCE 7-98/02/05, 29-30ページの Section 6.5.8、あるいは ASCE 7-10, 255ページの Section 26.5 にその概要が補足として記述されています。適用する設計規格が ASCE でない場合には、ソフトウェアは適用すべき耐風設計規格減衰係数を使います。設計規格が特定の構造減衰係数ベータを規定していない場合には、デフォルト値の 0.01 を使います。

Beta: Empty - 2番目のテキストボックスに空状態の構造減衰係数ベータの値を入力します。ソフトウェアはこの値に基づいて動的な突風の応答係数の計算を行い、付加的な容器の風荷重を作成します。設計規格がこの値を規定していない場合には、テキストボックスを空白にしておきます。

Beta: Full - 3番目のテキストボックスに満液時の構造減衰係数ベータの値を入力します。ソフトウェアはこの値に基づいて動的な突風の応答係数の計算を行い、付加的な容器の風荷重を作成します。設計規格がこの値を規定していない場合には、テキストボックスを空白にしておきます。